ガレ場・ザレ場・渡渉・鎖場。特殊な場面の知識とテクニック。 トレッキング入門

ガレ場・ザレ場・渡渉・鎖場。特殊な場面の知識とテクニック

鎖場・ハシゴ場の例。登りはキツく下りは足がすくむ…

ガレ場・ザレ場

ガレ場:岩がゴロゴロと積み重なった場所(ゴロとも言います)

ザレ場:小石や砂を敷いたような場所(単にザレ、またはザクとも)

登山らしい趣を感じるガレ場・ザレ場は危険度の高い難所です。

  • コースを見失い易いので十分に注意
  • 崩れる・足をとられ易い。一歩づつ慎重に
  • 落石の可能性があるので休憩を取ってはいけません

自分が蹴って落とした小さな石コロ。転げ落ちる内に大きな岩を落としてしまうことがあります。たとえ小石であれ、落としてしまったら大声で「ラク!」と叫んでください。

岩場

クライミングと言った方が判り易いでしょうか。手足のしっかり掛かる位置を探し、左右の手足のうち常に3点で体を安定させ(三点支持)、1つづつ動かしながら登り(下り)ます。

登る(下る)の基本は足。手は主に背中から落ちないよう岩場に張り付くために使います。

初心者は大きな規模の岩場がある、または岩場の続くコースは避けるべき、確実に安全です。

鎖場・ハシゴ場(岩場・巨岩を超える補助具)

切り立った岩場に鎖またはロープの架かるクサリ場。体を三点支持で安定させるため、または背中から落ちないための補助具です。腕でグイグイ引っ張り上がるのではありません。

梯子の架かるハシゴ場は、両手で横棒を握ると安定します。

渡渉(橋のない沢を渡ること)

特にテクニックはありませんが、見た目以上に水流は強いので、足首より深い場合は水に踏み込まないように(靴中も濡れるし)。増水時は特に注意。

屋久島トレッキングガイドは、トップページから参照ください。 Copyright©2010 or later, yakushima-info.com