楽にスマートに歩きましょ♪ 登り下りはさらにゆっくり トレッキング入門

登りは心持ち前傾・下りは逆に踵よりに重心。転んでも大きな事故や怪我を防ぐため

最初から最後まで急登の続くモッチョム岳登山道入口

疲れたくない登り坂

山に慣れていない人ほど早いペースになりがち。急な登りを「ゼーゼー」と息を切らして何度も立ち止まりながら登るのは、辛いし筋肉に疲労が蓄積しちゃう。
息を切らさずに登る、楽な歩き方を身につけましょ♪

  • ほんの少し前傾。重心を親指の付け根あたりに感じる位
  • 平地同様にベタ足でゆっくり、歩幅もより小さく

小股・すり足のように歩くことが登り坂攻略のコツ。
もしも息が上がってしまったら早すぎです。その場に立ったまま小休止して呼吸を整え、さっきよりゆっくり登りましょう。

下りはペースを押さえて

上りより下りがキツイのはご存知のとおり。
体重を受け止めるために膝や腰の負担が大きく、足場が悪いと足首を挫く可能性も高くなります。

  • 登りと逆に重心はほんの少し踵側。軽く腰を落とし、上体が反ったりヘッピリ腰にならないよう背筋を伸ばす。
  • やっぱり小股・ベタ足・ゆっくり。一歩づつ地面を踏みしめるイメージ

意識して歩幅とペースを抑えることが下り坂攻略のコツ。絶対に小走りで下らないように(転ぶと大怪我、膝も痛いよ)。

屋久島トレッキングガイドは、トップページから参照ください。 Copyright©2010 or later, yakushima-info.com