トレッキングの服装 オールシーズン“長袖・長ズボン”が基本

登山用ウエアと普段着をコーディネートできればスマートでお洒落

秋~冬はこんな感じかな。©L-Breath

トレッキングの服装 基本のウエア類

体を傷つけたりしないよう、オールシーズン“長袖・長ズボン”が基本

  1. 帽子(ニット・キャップ・ハット)

    頭部の保護、夏は日差し対策、冬は防寒。防水タイプも

  2. ジャケット(ヤッケ・ピステ)

    防寒・防風など季節で目的は異なりますが、普段使いと兼用できる薄手の1着がおすすめ。

  3. インナー(フリース・カットソー・シャツ)

    もちろん普段着でOK。前開きのシャツ、軽くて保湿保水力のない化繊のものがベスト。

  4. パンツ(レギンス&スカート・短パン)

    軽く・丈夫で・動きやすいが3原則。夏のレギンス使いはセンスの見せ所。冬は綿入りよりオーバーパンツの方が便利。

  5. シューズ・靴下

    シューズは山用必須!とても重要なので別ページを参照。靴下は極寒地以外で必要以上に厚手や専用品を履く意味はなし。

  6. グローブ

    手指の保護・防寒目的。綿の軍手や100円ショップのフリースタイプなどで十分!

いずれも専用の登山用品である必要はありません。ただ、山用のウエア類は丈夫だったり、薄くても暖かいなど機能に優れていて、何よりやっぱり森の中ではカッコイイ。
逆にレギンスやインナーは手元の衣類を上手くコーディネートできればスマートでお洒落。衣類の組み合わせに迷ったら、山歩き服装の基本は重ね着を思い出して~

屋久島トレッキングガイドは、トップページから参照ください。 Copyright©2010 or later, yakushima-info.com